健康サポート専門店
ホームページをご覧いただきありがとうございます。皆様の健康をサポートするのが私たちの仕事です。身体のお悩み、心のお悩み、何でもご相談ください。フリーダイヤル 0120-141417までお気軽にどうぞ。お電話お待ちしております。
お買い上げ特典 健康無料冊子特典 買い物かごへ ページトップへ

千年前の食品舎

千年前の食品舎 ~食べ物の生命力をいただく食事が健康をつくる~

講演会「魚は丸ごと食べなアカンよ!」から
講演者:猪股恵喜 氏(千年前の食品舎 舎長)

千年前の食品舎・舎長の猪股恵喜氏の講演会「魚は丸ごと食べなアカンよ!」を3回のシリーズでお届けします。「くうふく自然良法普及会」の会長も務める猪股氏は、忙しい現代人の健康について、食習慣や時間医学の観点から朝食の問題点を指摘。また食べ物の命に報いる"まるごと"の食を提唱しています。

 

愛情こめた朝食が招く現代の悲劇

まず、「千年前の食品舎」という名称についてですが、人が千年も食べ続けた食品は長い年月の中で安全性が認められているということで命名しました。
これは古代食のことですが、もちろん千年前の食品を売っているいるわけではありません。私どもで扱っている「古代食くろご粉末食品」、「だし&栄養スープ」は野生種の機能性食品で、人は1日1回"野性"を食べると、元気になれると考えています。

そして私は「くうふく自然良法普及会」というのをやっているんですけど、西医学などの書籍を読むと、朝食有害説だとか、いろいろな話がありますよね。その裏付けを今から皆様にお見せしようと思います。

では、例えば独身男性がきれいなお嫁さんを見つけて結婚したとします。奥様が手づくりした弁当や朝食を、そのご主人は毎日欠かさずとるわけです。そして朝食をしっかり食べる習慣を3年ぐらい続けると糖尿病予備軍になります。だからご主人には朝ご飯を食べさせては駄目なのです。
その理由を説明しましょう。日本は世界でも経済大国と呼ばれていますが、その最前線で働く企業戦士は晩御飯が遅いんです。午後5~6時に食べれるわけがない。10時前後というのが普通です。
しかも奥様が愛情をこめて作ってくれた食事なので当然おいしいから、余計に食べてしまう。そのまま胃袋に食べたものを持った状態で次の日の朝を迎えると、奥様はご主人のために朝食を用意する。
テレビとかでは「朝食は食べなあかんよ。朝食を抜いた子どもが学校で倒れるんだよ。頭の回転が悪くなるよ」と、盛んに言っています。それを信じて奥様たちは、ご主人のことを考えて真剣に朝食を作るわけですね。
糖尿病で済めばよいけれど、腎臓にまできたりね。経済的には買った服があわなくなる。一度出た腹をへこますのには並々ならぬ努力が必要です。年を取ると人の細胞は減っていきますが、脂肪細胞が膨らんでカバーするという皮肉なことが起きます。

満腹のリンパ球は働かない

それでは、なぜ"朝食がダメか"というメカニズムをご覧いただきます。
これは米国のゴーラム博士からいただいている映像で、この画像はリンパ球が癌細胞に食べられているところです(写真=1)。なぜこういうことが起こるのでしょうか。


写真=1 リンパ球が癌細胞に食べられているところ

通常、リンパ球は血液中の汚れを貪食して掃除します。食べ物は栄養にもなりますが、消化できないものは、血液中にいろんな毒物として未消化物として表れます。お腹が空いたリンパ球はそれを食べるんですよ。
ところが晩御飯が胃袋に残ったまま朝ご飯をしっかり食べると、リンパ球は満腹なので、癌細胞が来ても無視してしまうのです。もっとショッキングな写真は、癌細胞によってリンパ球が崩壊している様子(写真下)です。


写真=2 癌細胞によってリンパ球が崩壊

良かれと思って用意した朝食が、ご主人の体の中でこのような現象を招いている。しかも職場ではストレスが山ほどあります。ストレスがあるとリンパ球も当然、元気がなくなってしまう。
朝食は運命を変える要素が強いのです。朝食をしっかり食べる人ほどこういう現象が起きやすい。

今度は朝ご飯を食べない人の場合ですが、NK細胞が癌細胞を殺しています(写真=3)。お腹が空いているとこの現象が活発になります。お腹が空いたリンパ球からしてみたら癌細胞ってごちそうなんですね。がぶっと食べてしまう。癌に食べられてしまうか、それとも食べてしまうのか、それは朝食に掛かっています。


写真=3 NK細胞が癌細胞を殺している

25~26歳になると、人は1日10億個の細胞が失われる

人間は25、26歳を過ぎると、1日で細胞が10億個減っていきます。日本人の平均寿命をみると、男性が79.55歳、女性が86.30歳。いろいろな説があるのですけど、生理期間の年数がこの寿命の差に表れているという話もあります。要するに、汚れたものを捨てる力が女性は神様から授けられていて、男性より長生きするということです。
ところが健康寿命では、男性は介護を9年以上受けなければならないのです。女性の場合はもっと悲惨で約13年介護が必要とのことです。親御さんの介護をした経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、朝食がそれを決めてしまうのです。

何で日本に朝食が広がったかというと、昔、道元という曹洞宗をひらいた偉いお坊さんがいて、中国から朝粥の習慣を持ってきたのです。それが朝食として武家社会で普及し、元禄時代になり武家から商人へ広がったと言われています。世界的にみても朝食を食べる食文化が生まれ普及したのは近代以降です。

現代の食べ物は不可思議な世界に入ってきていて、飢えを救った反面、病人も作り出しました。
我々が今ここに存在する起源は35億年~40億年前とかいろいろな説がありますが、だれか祖先の一人が欠けたら私たちはここにいないといえます。我々は強い祖先から命をいただいているのです。
植物の世界もそうです。何代何代と延々と続いても一つ弱い植物が出てくると子孫が残せず種が途絶えます。
ところが農薬とか化学肥料が出てきて、本来は強者しか残れないのに弱者がそのまま成長してしまいました。どういうことが起きてきたかというと、食べ物に生命力がなくなってきた。食べ物というのは栄養である以前に生命力なので、朝はその生命力を食べるべきなのです。

時間医学で見えてくる食と健康

そして"朝ご飯を食べない方がよい"というもう一つの理屈が「時間医学」です。
時間医学とは生体リズムを研究する学問の考え方を医学分野に取り入れたもので、欧米では19世紀から研究が進められてきました。ある特定の病気が発症しやすい時間帯を見つけて、病気予防や治療に生かす試みを行っています。
例えば午前4時から正午までは、人の体では排泄の時間帯です。朝起きて黄色いおしっこがでるのは、腎臓が血液をろ過して汚れを集め排泄するという仕組みがあるからです。おしっこが溜まってくると目が覚めるようになっています。それを邪魔するのが朝食です。食べると消化に血液を使うから排泄ができないのです。
ただ成長期の子どもは別で、1日に5回でも6回でも食べさせてもよいです。

1日で10億個の細胞が減っていく体になってきても、食べ物を減らさないからおかしくなってくる。しかも朝食も減らさないから排泄ができなくなる。夜中にできた老廃物を出さないのですよ。

正午から午後8時までの時間帯が消化に適しているのです。肉を食べたかったらお昼ご飯で食べればよいのですよ。
だから夜8時を過ぎて、仕事で疲れ果てて帰宅したご主人に晩御飯で肉を出すのはちょっと可哀想ですね。たぶん消化できない。肉は消化に8時間ぐらい掛かります。

母のお握りは無償の愛の味

毒にも薬にもなるのが食べ物です。一番毒になるのは"嫌な人と食べる"こと。食べ物は気の合う人と食べて下さいね。要するに、食べて楽しいと酵素活性がよくなるんですね。
消化もできるし解毒もできます。

食べ物というのはお母さんのお握りなら、食欲がないときでもおいしいものです。あれは無償の愛で握ってくれているから消化もいいし便秘にもならないのです。
おいしい料理屋さんというのは、母の味と似たところがあります。お客様においしいものを食べてほしいという思いが食べ物に表れています。
私どもの製品も思い(慈愛)を理解してくれる製造スタッフと経営者を探し何度も何度も受託工場を変えました。

くろご「古代食くろご」は、お母さんのお握りと一緒で気持ちが入るんですよ。「だし&栄養スープ」もそうです。家族の健康を考えてお母さんが一生懸命作ってくれたのは何でもおいしいですね。家庭の味であって調味料の味ではないのです。
工場で作るということは工場がお母さんになります。嫌々作られたら、おいしくないですしパワーが落ちます。
なんで嫌々作るかといったら、くろごは成分を守るために顆粒加工をしていません。顆粒加工にすると余計な熱が加わりたんぱく質が変性します。
ですが顆粒加工をしないとパイプラインを通らないのです。だからほとんどの仕事が手仕事になります。もちろん成分を守るための工夫を施した機械は使います。くろごは手間のなからない顆粒加工を拒絶したことで黒い野生種本来の生命力が残っているのです。

時間医学の話の続きになります。夜8時から朝4時までは吸収と代謝の時間になりますが、この間には修復も行われます。夜、10時以降から体の修復が始まります。「だし&栄養スープ」の場合はペプチドリップなので消化酵素が一切いらない。すでに消化された状態なので、夜寝る前にも飲んでも体に負担を与えません。

囚われの食事療法は人生をつまらなくする

そして時間医学ではさらに興味深いエピソードがあります。これは毎日の生活に応用できます。
午前2時~3時は、胃や十二指腸潰瘍の痛みや発作が多い。午前3時~5時には虫歯が最も痛む。また夜勤の人が最も眠くなって、夜の工場で事故が起きやすいのもこの時間帯です。喘息の発作も起きやすい時間です。
だから喘息の発作の予防薬は夜飲むと副作用も少なく効果的です。
体温が下がった朝4時から5時台に男性の自殺が多いです。だから、うつ病は寒くて体温が下がる11月から3月の間に多いのです。1日で体温が最も下がるのはこの4時から5時。
7時、午前中はインシュリンの分泌が少ないので、糖尿病の方、糖尿病予備軍の方は極力朝食を少なめにし、昼食に重きを置くようにします。

行き過ぎた糖質制限はお勧めできません。するなとは言いませんが、囚われの食事療法だけは止めた方がよいです。食事療法がストレスになると本末転倒です。また糖質制限をすると、脳内物質の分泌も悪くなります。
嫌な人とご飯を食べた時、「味もわからず砂を噛むような」ご経験はありませんか。毎日、食餌療法で塩気のないまずいものを食べるのも、もちろん嫌でしょう。命を捧げてくれる食べ物に本来善悪はありません。おいしく頂かないとバチが当たります。
普通、体は信号を発します。その信号に素直に従うのが野生動物。野生動物というのは病気になったらじっとして食べないで治します。体の酵素を消化に使わずに体の回復の方に使うわけです。

15時から16時の間に運動能力が最大になります。100メートルの記録を狙う大会があるとすると、決勝戦をこの時間帯に持っていくと日本でも9秒台が出るかもしれません。一方で交通事故の死亡率が最も高くなるのもこの時間帯です。また虫歯の痛みが和らぐ時間帯でもあります。
女性が一番喜ぶ、15時ごろは何を食べても太りにくい時間帯です。太りたい人は20時頃に食べましょう。不健康に太ります。17時~19時までは味覚が最高で血圧も良好です。食事もおいしく感じられ、この時間帯に塩分を多めにとっても、むしろ血圧が下がってきます。

減塩も寿命を縮めるリスクがあります。人間の体で一番必要な栄養はお塩ですからね。塩がないと胃酸が作れません。胃酸が作れないと消化ができず、食べたものがお腹の中で腐ります。減塩している人は、消化できないから便が腐敗物質ばかりになるようです。

塩をとらないとなぜ駄目かというと、食の楽しみがなくなるという点も大切です。毎日、塩抜きの食事を食べれますか。それは囚われの食事療法です。食事療法ほど辛いものはないです。
食は癒しです。癒しがないと病気は治らない。まずいもの食べて我慢して病気治すのは無理です。命を捧げてくれる食べ物にお前は悪者だとか言ったら怒っちゃいますよ。お米一粒を大地に撒けば1000粒から1500粒分の新しい生命が生まれます。お米一粒を食べたら1500粒分のエネルギーをもらっていることになります。
そういう中で、お米を食べるなという糖質制限には疑問を感じます。

薬の効果のみ追求する西洋医学の危うさ

漢方薬に喘息の薬で麻黄というのがあります。これは緩やかだけど非常に効く薬です。ところが西洋医学的な発想でその喘息の薬が何で効くんだろうと研究し、エフェドリンという成分を特定しました。
その後、エフェドリンで喘息の薬をつくったところ劇的な効果が得られました。ですがアメリカではそのエフェドリンの副作用により亡くなる人がでるなど、深刻な問題になっています。麻黄だったら死なないのです。その成分の一つだけをとったとき、そのような事故が起こる。効き目は激烈に上がるのです。
これは調和が乱れているということです。例えばホウレンソウを食べると石ができるから、石ができる人はホウレンソウを食べるなと言うでしょう。これもおかしい話で、ホウレンソウからシュウ酸だけをとれば、試験管の中で石はできる。でもホウレンソウでは石はできない。これは還元主義といって複雑な生命体から一つのものだけを抽出する方法です。怖いことですがこれが薬の世界です。だからサプリメントでもビタミンCという単一成分だけをとるというのは、ちょっと異常ですね。

日本の食と玄米食の真実

今から話すことは、皆さんに身近な玄米についてです。これは、いろいろな悲劇を生んでいますが、玄米食の発芽実験をしたことがある人は大丈夫だと思います。

実は日本人は玄米食をした経験がないんです。玄米を食べている人の拠りどころは、"日本人は玄米を食べてきた"という思い込みであり、そのようなことが刷り込まれてきました。

種は条件さえ整えば何千年でも腐らない。それは植物の種の中のある成分が左右しています。種というのは賢く子孫を残すため、小さな種の中にたんぱく質ではなくて脂質でためようとする。だから、ゴマって油だらけでしょう。たんぱく質と脂質でエネルギー効率が倍くらい違います。

日本人がなぜ玄米を食べてこなかったなというと、アブシジン酸という毒があるためなのです。これは160度で壊れるので、太古の時代はモミを燃やして食べていました。

このアブシジン酸は種を残すための毒があり、別名、発芽抑制因子といいます。「春まで絶対に芽を出さないぞ」というホルモンがこのアブシジン酸で、動物に食べ尽くされたら種が残せないので適度な毒があります。だからスズメが食べているのは、あれはアブシジン酸ができる前のクリーミーな状態のモミを食べています。これが玄米の糠に入っています。

では、どうしたらアブシジン酸を消すことができるのか。12時間水につけると、条件が整ってさあ芽を出してもよいということになり、アブシジン酸は消えてしまいます。分づき米にして12時間水につけて毒性を消して少量のマキの熱量で炊くことができたわけです。

結果として日本人は玄米を食べられませんでした。
ところが発芽玄米って売っているでしょう。発芽玄米は、実は毒性が一番強いので十分に注意することが必要です。その理由は次の通りです。

1回発芽させた発芽玄米は、濡れたまま売るわけにはいかないので乾燥させます。乾燥させるとアブシジン酸が倍に増えているのです。

もちろん、全部まるごと食べると"よいことがある"というのは当たり前なんですよ。だって命を頂くわけですから。本当は日本人も玄米を食べた方がよいです。
ただ、今の玄米は温風乾燥をするものもあるので温度管理を間違うと種が死んでしまい、水につけてもアブシジン酸が消えないのですよね。

だから玄米を水につけててもいいし、脱脂綿の上に置いてもいいし、早ければ次の日には芽が出ます。そうして試したものは食べても大丈夫です。

まるごと食べると体内の毒が出る

奈良の大仏はご存知だと思いますが、ここに全体食(まるごと)と深く関わる事実が秘められています。

大仏には金メッキが施されていますが、電気がない時代にどうやって金メッキをしたかということですが、大量の水銀が用いられていました。水銀の中に金を入れて溶かしペンキ状にして塗布していたのです。そこに松明の炎を当てて600度以上にすると水銀が蒸発して金メッキになるというもので、昔はこのようなやり方でメッキをしていました。

だいたい水銀が5、金が1ぐらいの比率でメッキができる。だから奈良時代に60トンぐらいの水銀、約9トンの金が使われた計算になります。

ところが気化した水銀の毒が奈良盆地を覆ってしまい、それで正体不明の病気が出てきて遷都を強いられたといわれています。昔だから鉛の毒も"たたり"としか思えなかったのかも知れません。

水銀や重金属は怖い存在です。気化した水銀は猛毒で血液を駄目にしてしまうなどの重大なダメージを与えます。

"酵素"という言葉をよく聞くと思います。鍵と鍵穴の関係にあるのが酵素で、例えばここに亜鉛が入るとインシュリンができる。つまりインシュリンをつくる酵素は亜鉛が入るとはじめて亜鉛が作れるのです。ところが水銀などの重金属はこれを乗っ取ってしまいます。だから血液や酵素を乗っ取ったりして神経毒になったりするわけです。

この間、お世話になっている社長さんが面白いお話をしてくれました。
その方のお父さんは刺身が大好きで毎日、丼いっぱいに刺身を食べているそうです。ところが刺身ばっかり食べていると、内臓や骨、頭だとかは捨てているわけで、魚体の4割しか食べていないことになります。

ということは重金属が体内に蓄えられていることになります。それを外に出すための力は捨てている6割のところに入っているということでした。だからまるごと食べるのが一番よいのです。

アザラシとかイルカの肝臓を調べると、セレニウムがちゃんとあります。セレニウムや亜鉛には、悪い作用を抑える拮抗作用があり、毒を外に出してくれるのです。

全てを生かす発想で生まれた「だし&栄養スープ」

だし&栄養スープだし&栄養スープの開発に関してですが、私の親戚が50年掛けて製品化に取り組んできました。

本業は珍味屋さんで、毎日、製品を作るため魚の頭、内臓、骨、尻尾を捨て、命を捧げてくれるものを無駄にしてしまうことに疑問を感じ「これはダメだ、魚をまるごと生かすことを考えろ」ということになりました。そしてようやくだし&栄養スープに行き着ました。

普通のだしでは脂が酸化しますが、だし&栄養スープは酸化しないのが特色です。5年たっても6年たっても変化しません。そして製法に工夫し、スープには骨もまるごと溶けています。そこにも秘密があるのです。

圧力釜が有害だと聞いたことがある人もいるかと思います。高温を与えることでアミノ酸が変性して栄養が落ちてしまうのです。L型アミノ酸がD型に変わります。
このため、だし&栄養スープでは、圧力を与えて一瞬で気圧を下げ、低い温度で沸騰するようにして、骨まで乳化しています。

そして、くろごも"まるごと"です。まるごとではどういうことが起きるかというと、栄養以前のエネルギー体を食べることになります。お米は1粒で1000~1500粒分、ゴマでは4800~5000粒分の生命を生むエネルギーが宿っているのです。

重ねて申しますが、食べ物に善悪はありません。食べる方法、食べる時間帯、誰と食べるか、食べる量、こういう要素で食べ物が悪者にされてしまいます。ですが、食べ物が悪いといって変な食事療法をしてしまうとストレスがたまってしまいます。

食は癒しだからストレスの元になったら本末転倒です。変な健康法よりも私は食べ物をおいしくいただく方が皆さんが元気になれると思います。"囚われ"は人生を楽しくないものにしてしまうのです。

小さな魚は、できるだけまるごと食べて、毒を体外に出すようにしたいものです。ただ、必要以上に部分食、全体食にこだわり過ぎず、それが命に報いる道でもありますので、"できればまるごと食べたいですね"ということです。

くろごもだし&栄養スープも命を何も捨てていない、食べ物の尊い生命力をまるごといただく食品ですので、ぜひ朝食に導入してみて下さい。

 

温かい人柄が滲み出る語り口で「食は癒し」、「食べ物には善悪がないから、おいしく食べたらよいと思います」とおっしゃる猪股さんのお話は、健康のため毎日の食事に気を使う人にとって、大きな救いになることでしょう。多忙で苛酷な環境の中で暮らす現代人が、人間らしく生活していくための大事な知恵として、今回のお話をいろいろと生かしていきたいものですね。

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件

この商品を見た/買ったお客様に人気のおすすめ商品
この商品を見た人は、
こんな商品も見ています
この商品を見た人は、
こんな商品を買っています
この商品を買った人は、
こんな商品も買っています
お客様の嗜好に合わせたランキング

同梱おすすめ商品ランキング
~999円 1,000~1,999円 2,000~2,999円 3,000~3,999円 4,000円~

お買い上げ特典
5,000円特典 10,000円特典 20,000円特典 30,000円特典 50,000円特典

最近チェックした商品


お支払いについて
前払いと代引き
・クレジットカード決済[※1]、郵便振替(前払い)、銀行振込(前払い)、楽天バンク決済(前払い)、ジャパンネット銀行振込(前払い)、代金引換

後払い 決済手数料300円
・配送方法が宅配便の場合のみご利用可能です。
・コンビニ決済 [※3](決済手数料300円+お振込み手数料0円)、郵便局・銀行の場合は (決済手数料300円+別途お振込み手数料がかかります。)

 

[※1]使用可能なカード一覧
※クレジットカードでの決済は、クレジットカード決済サービス会社「ZEUS(ゼウス)」のセキュリティ対策を施したSSLサーバーで行いますので、安心してご利用いただけます。
カード一覧

[※2]振込先銀行

銀行

[※3]後払いコンビニ決済

後払い.com【後払いドットコム】コンビニ・銀行・郵便局で後払い決済

配送について
●佐川急便、一部地域はエコ配・ゆうパックにて発送いたします。
※9,000円以上お買い上げの場合、ご指定があればヤマト運輸も可能です(ただし、地域により追加料金が発生する場合がございます)。
●月~金曜日発送
●お届け時間帯をご指定できます。

時間帯

●できる限り賞味期限の長いものを用意したく、マクロビ商品などは売れ筋商品以外は在庫がないものもあり、メーカーにより午前中にご注文を頂きましたら、 最短で翌々日のお届けができる場合もあります。その他在庫のある商品は16時までにご注文いただければ当日配送の翌日着となります(※一部地域、離島を除く)。商品受け取りの日時指定がない 場合は、最短のお届けでの発送となります。
●お買い上げ合計金額9,000円以上で送料無料です。
※一部地域、離島を除く。※同一梱包の商品に限ります。
受注完了メール送信後の配送先の変更はご対応できない場合がございます。万一変更が必要な場合は早急にお電話でご連絡いただけるようお願い致します。 可能な場合は別途料金が必要になる事がございますので、ご了承下さい。

返品・交換について
●商品には万全を期しておりますが、万が一不良品等ございましたらご連絡下さい。 営業日でのご対応となりますがメーカーに確認を取らせて頂き折り返しご連絡をさせて頂きます。
※不良品の定義につきましてはメーカーに確認後 回答させて頂きます。
※なお恐縮では御座いますが、弊社より折り返しのご連絡がない状態で、 商品をお客様都合で着払いによってお返し頂いた場合は お客様都合の返品となり不良品による交換や返品の対応は出来ません。
●商品の返品・交換は、未使用、未開封、ご注文日より8日以内に弊社まで返品をお申し出いただいた場合に限ります。
※返品・交換にかかる送料、振込手数料は全てお客様の負担とさせていただきます。

トップページ   ご利用案内   会社概要   お支払い・送料について   賞味期限・お届け日の目安   お問い合わせ

Copyright © 2002-2018株式会社きせんコミュニケーションズAll Rights Reserved.