健康・機能性食品・マクロビオティック・遠赤外線・温熱温灸・手当て法・酵素・無農薬野菜などで喜びの声を追求する健康サポートする専門店

健康サポート専門店
トップ科学的根拠のある健康食品毎日使う水自然食品・厳選食品酵素・腸内環境商品健康食品・サプリ目的別に探す
ホームページをご覧いただきありがとうございます。皆様の健康をサポートするのが私たちの仕事です。身体のお悩み、心のお悩み、何でもご相談ください。フリーダイヤル 0120−141417までお気軽にどうぞ。お電話お待ちしております。
お買い上げ特典 健康無料冊子特典 買い物かごへ ページトップへ
TOP >>  ブランド・メーカー別 >>  ライトウェーブ



アトピーや敏感肌でお悩みの方にこそ体験してほしい、界面活性剤ゼロ生活

健康な素肌をキープする基本は、入浴でカラダをキレイにし、清潔な衣類を着ること。
従来のボディソープや合成洗剤では、目に見える汚れは落ちますが、残念ながら「界面活性剤」の影響を免れることはできません。

アトピーで傷んだ肌や、デリケートな素肌にはこれが大きな負担となってしまいます。
私たちがオススメする商品はすべて界面活性剤ゼロ。お肌にも地球にもやさしい商品です。

スキンケアに何が必要かを考えた、『3つのステップ』であなたの健康的な素肌ケアを応援します。

エコパウダー/ママプレマ ナンナミスト バジャン・ドラムバジャン
ナンナシリーズ
ナンナ パウダーウォッシュ / ナンナ ピュアシルクローション / ナンナ オリーブスクワランオイル

 

お肌がデリケートな方にこそ、この心地よさを伝えたい!

「洗濯洗剤」、「石けん」、「ボディソープ」、「シャンプー」などに含まれている「界面活性剤」は、衣類やお肌の汚れを落とすために不可欠と信じられていました。

近年人気のある「ナチュラル系洗剤」や「オーガニック洗剤」にも「界面活性剤」が使用されていますが、この「界面活性剤」が環境や人体へ影響を与え、大きな社会問題となっていることをご存知でしょうか?

界面活性剤の及ぼす悪影響に気付いたわたしたちは、『人にも地球にも本当にやさしい商品を作りたい』と考え、「界面活性剤を使わない」という新しい発想でそれぞれの開発に取り組みました。

 

専門家からの推薦を受けています

アレルギー治療について30年にわたり研究・実践し、的確な診断と最新の治療で、
次々と効果をあげている渡部クリニックの渡部院長から推薦を受けています。
渡部院長

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因として、石けん・洗剤類を指摘する専門家が近年増えてきていますが、私は、20年以上前からアトピー性皮膚炎の治療法の一つとして、石けん、シャンプー、洗剤、化粧水など原因物質の除去を指導してきました。 それらの日用品には界面活性剤をはじめとする有害化学物質が含まれているからです。

界面活性剤は蛋白変性作用、皮膚バリア破壊作用などそれ自体の有害性に加えて、他の有害化学物質が皮膚から体内に侵入することを助長する作用(経皮吸収増強作用)があり、二重の意味で危険な化学物質です。

2005年、私はそういう有害化学物質を含まないホンモノの無添加日用品と出会いました。 それがライトウェーブの「界面活性剤ゼロのスキンケア商品」です。

界面活性剤ゼロのスキンケア用洗濯剤「バジャン」
界面活性剤ゼロのスキンケア用ボディ洗浄料「ママプレマ」
界面活性剤ゼロのスキンケア用保湿ローション「ナンナミスト」

など、同社の商品は界面活性剤が「ゼロ」であるだけでなく、他の有害化学物質も「ゼロ」であるため、とても安全性が高いと言えます。

実際に患者さんに試用してもらったところ症状改善に寄与することが確認できました。 そこで、2006年4月からは渡部クリニックを受診されるアトピー性皮膚炎患者さんに積極的にお薦めしています。 アトピー性皮膚炎を治すには学会認定専門医による適切な診断と治療を受けることが基本であり最も大事ですが、患者さんが日常生活の中で有害な化学物質を含む日用品を使わないようにすることも大切です。

その意味でライトウェーブの「界面活性剤ゼロ・シリーズ」は私が自信を持って推薦できる安心な日用品です。 また、アトピー性皮膚炎の患者さんほど重度の皮膚機能障害ではないにしても、バリア機能が弱くなっている乾燥・敏感肌の方にもお薦めできます。

医療法人社団渡部クリニック
 院長 渡部 創
日本アレルギー学会認定専門医・日本小児科学会認定専門医

 

ライトウェーブの商品は界面活性剤ゼロ・有害化学成分ゼロ。安心安全です

お肌にやさしい
洗剤成分(界面活性剤)は合成・天然に関わらず残留性があり、何度すすいでも衣服などの繊維に残ってしまうことをご存知ですか?

油汚れに強い洗浄力を持つ界面活性剤が衣服に残れば、当然人の肌にも影響を与えてしまいます。お肌にやさしいと言われる石けんでも、界面活性剤を使っているのは同じ。天然成分のため、合成洗剤ほどではないにしても、お肌への悪影響は否定できません。

「界面活性剤ゼロ」ということは、この影響を受けないということ。 つまり、お肌がデリケートな方や赤ちゃんのお肌にもとてもやさしいのです 。

 

洗浄液でメダカが生きられるほど安全
合成洗剤や石けん洗剤による排水が、水生生物や地球環境に大きな影響を与えることは、ご存知の方も多いと思います。「他に選択肢がないから仕方がない」とあきらめていた方も多いのではないでしょうか?

しかし当社の洗浄剤では、洗濯するときと同じ濃度の水の中でメダカが生きられることが、第三者機関の実験により証明されています。界面活性剤を使用しないということは、人はもちろん環境へのリスクも軽減することができるのです。

 

肌質改善のためのトータル肌ケアを提案します

「無添加」「自然派」「弱酸性」「無香料」・・・世の中には、たくさんの敏感肌用の肌ケア商品が出回っています。なのに自分にピッタリのものが見つからない、初めはよかったが、段々合わなくなってきたと、あきらめてしまっている方も大勢いらっしゃると思います。

そんな方々にこそ、ぜひ使っていただきたい商品です。 私たちは、お肌にトラブルを抱える方に、保湿だけではなく、直接肌に触れる衣類や身体の洗浄まで、安全なトータル肌ケア「界面活性剤ゼロ」生活を提案しています。

 

石鹸と洗剤に関する豆知識

ひとくちに「界面活性剤」と言っても、その種類は多数存在し、一部は乳化剤など食品添加物として認可され、使用されているものもあります。

ここでは特に洗剤や石鹸に関わる「界面活性剤」について触れていきます。

洗剤と石けん

洗剤や石けんの主成分は「界面活性剤」でできており、使われる界面活性剤の種類によって「石鹸」と「合成洗剤」に大別されます。

「石鹸」の界面活性剤は、動物性や植物性の油脂と塩を反応させて得られる「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」です。
「合成洗剤」の界面活性剤は、石油の他、動物性、植物性の油脂から化学的に合成したもので、一般的に「合成界面活性剤」と呼ばれています。

 

界面活性剤とは

界面活性剤とは洗剤や石けんの主成分であり、汚れを落とす主役=化学物質です。合成洗剤の界面活性剤の含有量は20〜70%あります。

界面活性剤は、水と空気の境目や、水と固体の境目、水と油の境目のような界面に吸着するという性質があります。 吸着の結果、界面の性質がいろいろに変化して、以下のような仕組みで汚れを落とします。

1.表面張力を小さくし、衣類を濡れやすくする
表面張力とは、簡単にいえば、水滴が丸まろうとする力、つまり、界面の面積をできるだけ小さくしようとする力のことです。 この表面張力が小さくなると、水滴があまり丸まらずに広がるので、ものが濡れやすくなり、 洗うためには都合のよい状態になるのです。
2.汚れを衣類からはがす
汚れの表面に吸着して、汚れと水との間の表面張力を小さくするので、汚れがものからはがれて水の中に浮き上がろうとします。この現象をローリングアップといいます。
3.汚れが再付着しないようにする
汚れが衣類からはがれると、乳化、分散、可溶化という働きによって水中に安定的に浮かびます。汚れが落ちた衣類、汚れの表面はどちらも界面活性剤の分子に覆われ、再付着しにくくなります。

 

界面活性剤の主な分類

イオン性界面活性剤

水に溶かした時にイオン化する界面活性剤。イオンの種類によりさらに細かく分類される。
・アニオン界面活性剤【陰イオン系の界面活性剤】
(合成洗剤やシャンプーなどで使用されている)
・カチオン界面活性剤【陽イオン系の界面活性剤】
(衣類の柔軟剤、へアリンスや殺菌剤などで使用されている)
・両性界面活性剤【アミノ酸系やベタイン系などの界面活性剤】
(洗浄性や起泡性を向上させる補助剤として使用されている)

非イオン性界面活性剤

水に溶かした時にイオン化しない界面活性剤でノニオン界面活性剤とも言う。
最も代表的なものにポリオキエチレンアルキルエーテルがある。

上記の分類当てはまらないものもあり、界面活性剤の種類は数千あると言われています。

 

合成界面活性剤の色々な使われ方

合成界面活性剤は「洗剤」としてのイメージが強いですが、肌に触れる様々なものに使用されています。

例えば化粧品の分野だけでも「浸透剤」・「乳化剤」・「保湿剤」・「紫外線分散剤」など様々な用途として使われています。

この中でも意外と知られていないのが、「浸透剤」として使用されている点です。一般的な化粧品には、お肌にいいとされている様々な有効成分があります。
プラセンタ・ヒアルロン酸・セラミド・レチノール・ビタミンC・・・

この有効成分は、そのまま肌につけてもなかなか浸透しません。なぜなら、肌にはバリア機能があり、外からの成分を受け付けないようになっているからです。

この肌のバリア機能を一時的に壊し、有効成分を肌の奥に浸透させる役割として、一部の合成界面活性剤が使用されています。

 

人体への影響

界面活性剤は、その洗浄効果の高さから合成洗剤の主成分として長年用いられてきましたが、今日ではそのマイナス面(人体および環境に与えるマイナスの影響)が無視できないものになってきています。まず、衣類(繊維)への残留性という大きな問題があります。

これはあまり知られていないことなのですが、洗剤で洗うと、その後どんなにすすぎ回数を増やしても、界面活性剤の一部は衣類繊維にピッタリと張り付いたまま残ってしまいます。
だから、洗剤で洗った衣類を身につけたとき、この残留界面活性剤が私たちの汗や皮脂に溶け出して色々な悪さをするのです。

皮膚疾患と内臓障害

界面活性剤の特徴から、口から入るよりも、皮膚から入る方が身体の中に長く残留すると考えられます。皮膚を通して入った場合、血管に入り、体内を循環します。

しかも、異物、毒物を分解する肝臓でも分解できないため、長く循環し、一部は脂肪の多いところなどに滞留することになります。界面活性剤の毒性が、皮膚疾患及び皮膚を通しての長期浸透による内蔵疾患の一因と言われています。皮膚の被害は目に見えますが、より恐ろしいのは、目では見えず自覚しにくい体内部の被害です。

次世代への影響

界面活性剤は、その性質から胎盤を通過し、胎児や受精卵にも影響を与えるという研究もあります。また、精子の減少を引き起こす可能性も指摘されています。

 

環境への影響

合成界面活性剤の環境への影響はとりわけ水生生物や河川・海洋の生態系にとって深刻です。
濃度が濃い場合、魚はエラに障害を起こして死んでしまいます。また、微生物や魚類の卵などは深刻な被害を受け、河川・海洋の生態系を破壊する原因のひとつとなります。

分解されず残った合成界面活性剤は、水道水として再び私たちの元にかえってきます。そして、私たちの身体に取り込まれていくのです。

 

界面活性剤を有害化学物質に指定した「PRTR」制度

PRTR制度とは、人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質について、事業所からの環境(大気、水、土壌)への排出量及び廃棄物に含まれての事業所外 への移動量を、事業者が自ら把握し国に対して届け出るとともに、国は届出データや推計に基づき、排出量・移動量を集計し、公表する制度です。

第一種指定化学物質

人や生態系への有害性(オゾン層破壊性を含む)があり、環境中に広く存在する(暴露可能性がある)と認められる物質として、計462物質が指定されています。そのうち、発がん性、生殖細胞変異原性及び生殖発生毒性が認められる「特定第一種指定化学物質」として15物質が指定されています。

この中には合成洗剤に使用されている界面活性剤も含まれています。

 

界面活性剤ゼロシリーズの商品はこちら

 



洗濯

お肌の洗浄

保湿

スキンケア


この商品を見た/買ったお客様に人気のおすすめ商品
この商品を見た人は、
こんな商品も見ています
この商品を見た人は、
こんな商品を買っています
この商品を買った人は、
こんな商品も買っています
お客様の嗜好に合わせたランキング
同梱おすすめ商品ランキング
〜999円1,000〜1,999円2,000〜2,999円3,000〜3,999円4,000円〜
お買い上げ特典
5,000円特典10,000円特典20,000円特典30,000円特典50,000円特典
最近チェックした商品

 
Copyright © 2002-2016 kenkousupport senmonten. All Rights Reserved.