健康・機能性食品・マクロビオティック・遠赤外線・温熱温灸・手当て法・酵素・無農薬野菜などで喜びの声を追求する健康サポートする専門店

健康サポート専門店
トップ科学的根拠のある健康食品毎日使う水自然食品・厳選食品酵素・腸内環境商品健康食品・サプリ目的別に探す
ホームページをご覧いただきありがとうございます。皆様の健康をサポートするのが私たちの仕事です。身体のお悩み、心のお悩み、何でもご相談ください。フリーダイヤル 0120−141417までお気軽にどうぞ。お電話お待ちしております。
お買い上げ特典 健康無料冊子特典 買い物かごへ ページトップへ
TOP >>  特集・キャンペーン・最新情報 >>  健康情報・ニュースレター >>  急増する化学物質過敏症、予防の鍵はビタミン・ミネラル



急増する化学物質過敏症、予防の鍵はビタミン・ミネラル
長期にとり続ければ、「許容値」以内でも安全とはいえない化学物質

宮田教授北里大学医学部眼科学教室 宮田幹夫 教授に聞く

現代の生活環境は多種多様な化学物質に取り囲まれています。
最近、これらの環境化学物質は許容範囲内のごくごく微量でも、長期にわたって慢性的にとり続けるうちに、視力低下、頭痛、疲労、倦怠感― など、自律神経を中心とする様々な症状を引き起こすことが明らかになって来ました。

日本やアメリカなどでは既に10人に1人はかかっていると言われる「化学物質過敏症」です。

従来、化学物質で起きる病気は中毒症やアレルギーが知られていました。しかし、中毒症がmg(1千分の1g)、アレルギーがppm(百万の1分)のレベルで起きるのに対し、化学物質過敏症ではppb(10億分の1)、ppt(1兆分の1)の超微量のレベルでも引き起こされます。

化学物質との接触を避ければ化学物質過敏症にはならずに済みます。しかし、現代は超微量のレベルを基準すると化学物質に汚染されていないものは殆どなく、食、住、衣のどれをとっても化学物質との接触は避けられません。

このように身辺から化学物質を完全に遠ざけるのは不可能な時代、ではどうしたら予防が可能でしょう。

北里大学医学部眼科教室では化学物質過敏症の研究チームを組んで臨床の成果を上げています。メンバーのお一人宮田幹夫教授は、特に栄養面からの予防、治療に取り組んでおられます。

宮田先生に、食事や栄養面からの予防を含めて、化学物質過敏症についてお話を伺いました。

中毒症から過敏症への移行

中毒症、アレルギー、過敏症の共通性や違いはどんなところにあるのですか。

宮田 私達が最初に問題にしたのは慢性の農薬(有機リン剤)中毒でしたが、中毒症の患者さんを診ているうちに、一度何かの化学物質に大量にさらされた後には、他の化学物質に対してもごく微量のレベルでも頭が痛い、肩が凝る、疲れやすい等のいろいろな不定愁訴が起きやすくなるのが分かって来ました。

下の図では一応量的な線を引きましたが、この境目は実際は非常にあいまいです。典型的な症状がなくても、慢性中毒や免疫異常をキャッチできるようになったのが、化学物質過敏症であるとも言えます。(図1)
中毒症では一般に、細胞死が起きます。毒物を長い間慢性的にとり続けて、ある時突然発症するのが「慢性中毒」、一度に大量に暴露してすぐに症状が出るのが「急性中毒」で、致死量とると死に至ります。

アレルギーの場合は、IgE抗体ができるとか、免疫細胞や血液に異常が出て、免疫異常の疾患と認められます。症状は炎症が主で、神経症が従になります。
しかし、化学物質過敏症ではこうした異常は多くの場合に見られず、症状も自律神経を中心にした不定愁訴(はっきりしない体のいろいろな不調)が主になります。

図

図1)毒物の量と体の変化

 

化学物質過敏症は、中毒症から移行するのですか。

宮田 そういうケースは多いですね。例えば、農薬が原因で湿疹が出て皮膚科に入院した農家の主婦では、湿疹が良くなって逆に、不定愁訴が非常に強くなりました。
入院して環境が良くなり毒物が減少して来ている筈なのに、逆に不定愁訴が強くなった。皮膚科では更年期障害や神経障害を疑ったのですが、結局、中毒が治る過程で化学物質過敏症に移行したケースと分かりました。このように、化学物質過敏症は中毒症から移行する可能性があり、この移行の境目は、はっきりとしていないのです。
また一旦、何かの化学物質にやられると、次々に他の化学物質に対しても過敏になる傾向があります。「多発性化学物質過敏症」と言って、ある物質にやられると、他の物質に対しても連鎖的に過敏反応を起こしやすくなるのです。
さらに、中毒の経験がなくてもごく微量の慢性的長期摂取でも起きます。この場合は、慢性中毒と同じ様に、始めは何でもなくても長い間とり続けていると、ある時点から突然症状が出て来ます。蓄積効果を発揮するわけですね。

解毒の限界を越す身の回りの化学物質

主な摂取源といいますと?

宮田 やはり食物、水、大気からですね(表1)。

〈食べ物から〉
食べ物はそれ自体一種の天然の化学物質と言えます。それに加えて今は、残留農薬や食品添加物などの合成化学物質が入ってきます。昔は食物以外には殆ど化学物質は入ってこなかったわけですが、今は食品色素だけで一人当り年間2〜3kgもとっている状況です。私達の実験では、食品色素でアレルギーが強くなることが分かりました。しかも、有効濃度(ある程度取ると症状が強くなる量)より少ない量を毎日与えると、症状がひどくなって来るのです。ですから、それ自体は大した量でなくても微量の食品添加物が毎日入って来ると、体の中で悪さをすることが多々あると思います。

〈水から〉
水は塩素が非常な悪さをします。発ガン物質のトリハロメタンも塩素と水の中に含まれている有機物が反応してできたものです。口からだけではなく、プールやお風呂では皮膚からも入り、そうすると温泉療法と同じ原理で、全身の皮膚からトリハロメタンなどが入って来ることになります。
口から入ったものはある程度、肝臓の解毒機能でチェックされますが、呼吸器や皮膚から入って来たものは肝臓というチェックポイントを通らずに、体中を駆け巡る怖さがあります。

〈大気から〉
大気中からも、実にさまざまな屋外大気汚染物質、室内大気汚染物質がとり込まれます。最近は建材にも様々な化学物質が使われ、接着剤、防腐剤、殺虫剤が気化して出てきます。こうした建材からのいろいろな化学物質が悪さをして、目や鼻、喉の刺激症状、目や粘膜の乾燥、皮膚の紅斑や湿疹、疲れやすい、頭痛などを起こします。空調設備が整って、換気が不十分なオフィスビルやマンションは特に危険で、こういった近代的ビルで起きる化学物質過敏症は特に「シックビル症侯群」と呼ばれています。(表2)
木造の家屋でも、換気が不十分だと起こります。室温を上げると建材に使われている化学物質は気化しやすくなるので、冬期の暖房にも用心が必要です。夏もクーラーを効かせて窓を閉め切って殺虫剤を用いると危険になります。

表1)日常生活の中の化学物質の種類

飲料水 一般食品 食品添加物 化粧品 殺虫剤
1,800種 70,000種 8,600種 3,400種 3,400種

 

表2)オフィスで常用されている化学物質

化学物質名 使用内容 健康への影響
ベンゼン ワックス、人工樹脂、リノリウム、人工皮革 発ガン性、粘績への刺激
ブチルアセトン プラスチック、人工皮革、ラッカー 結膜炎
ブチルアルコール 保湿液、芳香剤、クリーナー 刺激
ブチルセロソルブ 溶媒、クリーナー、ドライクリーニング 中枢神経症状
四塩化炭素 樹脂、オイル、ワックスの溶媒 毒物、悪心、頭痛
クロロホルム クリーニング液 疲労
シクロヘキサン 溶媒 高温度で傾眠、皮膚刺激
エチルアルコール 溶媒、芳香剤 細胞の変性作用
二塩化工チレン 溶媒 呼吸器刺激、中枢神経作用、粘膜刺激
芳香剤 悪臭の隠ぺい、クリーナ一、空気の清澄感 毒性、中枢神経作用
イソプロパノール 溶媒、速乾性インク、芳香剤 頭痛、めまい、悪心、うつ状態
トルエンキシレン 溶媒 頭痛、中枢神経症状

 

全部含めたら、どれだけ体の中に入っているか分からないですね。異常が出て当り前と言いますか…

宮田 薬物の作用には「総負荷量」の問題があります。一つの薬では何ともなくても、同じ程度の別の薬を一緒に負荷した場合、いろいろな副作用が出て来るわけです。
今の環境ですと、体の中に入って来る異物(生体内異物)の総負荷量は、化学物質や食物を全部含めて莫大な量になっています。生体には異物から体を守る働き、解毒能力がありますが、その限界を超えてしまったところに、アレルギーや過敏症などいろいろ問題が出ていると思います。

入るを抑え、排池を促進

予防は化学物質に接触しないことが一番でしょうが、中々難しいですね。

宮田 難しいですね。しかし、少しでも入ってくるのを防ぐ努力が必要です。治療は薬物療法(解毒剤)、栄養療法、運動療法などありますが、最も重要なのは、原因になる物質に接触しないことです。
無農薬・無添加の食品を摂る、水に注意する、屋外排気型の暖房器具を使う、換気に注意する。そして、生活に必要でないものは一切使わないことです。
もう一つは、入ってきたものを追い出す努力、個人的にはこの二通りの努力が必要です。化学物質は脂肪組織にたまりやすいので、運動して皮下脂肪をどんどん燃やしてやるのが一つ。それと汗を流すこと。運動でもサウナでもお風呂でも良いのですが、皮膚(汗腺)から毒物を排出することです。

活性酸素の消去に関するビタミン・ミネラル

先生は、栄養療法を重視されていらっしゃいますが、化学物質過敏症と栄養素との関連は?

宮田 化学物質過敏症が増えている背景には、
ヾ超中に化学物質が増えていることと、異物から体を守る免疫力を維持するのに必要であると同時に、症状を緩和したり消してくれるビタミン、ミネラルが不足していることがあげられます。

こうした微量栄養素が不足すると、体の防衛力が低下し、異物が体の中に入ると活性酸素などで異常反応が起きやすくなります。また、生体内に異物があると、これが活性酸素を作る元になります。
さらに、過敏症の結果起きる炎症にも活性酸素が影響してきます。
ビタミンではビタミンA、βカロチン、ビタミンC、ビタミンEが相当量必要になります。ミネラル類では最近注目されているセレニウム。それと鋼、亜鉛、マンガン、マグネシウム、カルシウムが特に重要です。

アメリカでの調査では、化学物質過敏症の患者はこれらの徴量栄養素が過敏症でない人に比べて、明らかに少なかったそうです。それで、かなりの人がこれらの補給で症状の改善が見られています。
今、我々を取り巻く環境は急速に変化し、悪化しています。その環境の解毒的役割をするのに、ビタミンやミネラルは重要になっているのです。

(※新しい時代の健康を考えるコミュニケーション紙 けんこう151より)

ご希望のお客様にプレゼント!
NPO法人 全日本健康自然食品協会の発行する「けんこう」はお買い上げのお客様にお役に立てる情報紙と思い、冊子がある限り同封しています。ご希望であれば同封する事ができますが、配り終えて冊子がご用意できない場合もありますので、お客様が望まれる健康情報を教えて頂きましたら、無料冊子プレゼントに掲載していない情報紙などもお探しして同封する事も行っていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは
フリーダイヤル:0120-14-1417
(受付時間:平日9:30〜18:00)

 

健康冊子プレゼント



この商品を見た/買ったお客様に人気のおすすめ商品
この商品を見た人は、
こんな商品も見ています
この商品を見た人は、
こんな商品を買っています
この商品を買った人は、
こんな商品も買っています
お客様の嗜好に合わせたランキング
同梱おすすめ商品ランキング
〜999円1,000〜1,999円2,000〜2,999円3,000〜3,999円4,000円〜
お買い上げ特典
5,000円特典10,000円特典20,000円特典30,000円特典50,000円特典
最近チェックした商品

 
Copyright © 2002-2016 kenkousupport senmonten. All Rights Reserved.