健康・機能性食品・マクロビオティック・遠赤外線・温熱温灸・手当て法・酵素・無農薬野菜などで喜びの声を追求する健康サポートする専門店

健康サポート専門店
トップ科学的根拠のある健康食品毎日使う水自然食品・厳選食品酵素・腸内環境商品健康食品・サプリ目的別に探す
ホームページをご覧いただきありがとうございます。皆様の健康をサポートするのが私たちの仕事です。身体のお悩み、心のお悩み、何でもご相談ください。フリーダイヤル 0120−141417までお気軽にどうぞ。お電話お待ちしております。
お買い上げ特典 健康無料冊子特典 買い物かごへ ページトップへ
TOP >>  健康食品・サプリメント >>  珪素・umo(ウモ)関連



珪素(けいそ)ってなに?

組織と組織をつなぐコラーゲンをさらに束ねる事で、結合組織を強化してくれるといわれているケイ素。爪が割れるなどの症状が出たら、ケイ素不足が考えられるようです。
そんな症状を目安に自分の体のサインを見逃さないようにしましょう。

 

珪素(けいそ)って?シリカって?

ケイ素についての説明を読むとシリカ、二酸化ケイ素、ケイ酸などさまざまな名称が出てきて一緒なのか違うのか、迷われると思います。

ケイ素は地球の主要構成元素のひとつで、主に鉱物などの構成要素として存在しています。シリカもケイ酸も全てケイ素なのですが、結びつく物質によって生み出される物質が違うようです。

●珪素(ケイ素)+酸素 = シリカ(二酸化ケイ素)
●ケイ素+酸素+水素 = ケイ酸

よく「ケイ素(珪素)」と書かれていますが、ケイ素自体というよりも、体内に留まるのはシリカ(二酸化ケイ素)としてで、それが健康維持に必要な物質であると、最近注目を浴びています。

ややこしくなってしまいますので、ここからは「ケイ素」と記載することにします。そもそも私たち人間も地球の土と水から生まれてきた生き物のため、生まれながらにして体内にケイ素を約0.5%ほどもっているといわれています。生まれたてのころは多量に持っていますが、成人になると1日あたり10〜40mが消費され年齢とともに減っていきます。

ケイ素の働きって?

ケイ素は、体の中で、骨、腱、血管、菌、爪などの丈夫な組織に多く含まれていて、不足すると爪が割れる、脱毛しやすいなどの症状が現れるそうです。 高齢者はケイ素が不足することで、骨がもろくなる可能性もあるそうです。

ケイ素はどうやってとるのか

不溶性食物繊維のひとつペクチンや、玄米などの未精製の穀物、野菜や豆類に多くふくまれるケイ素ですが日々の食生活にいくら気を遣っていても、どうしても不足はでてきます。

スギナにも珪素が含まれています。

「スギナ」はつくしのことで、古来から私たちの身近な植物として親しまれています。

そのスギナに含まれている成分には、私たちが必要としているカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

その中でも特に「ケイ素」が他の植物に比べて群を抜いて含有されています。

ケイ素を妊娠中に摂取しても大丈夫ですか?というお問い合わせがありましたがケイ素の役割はあくまでもコラーゲンの結束を強め、結合組織を強化するというものですので、摂取していただいても問題はありません。
また骨折などの怪我をされたで骨の治りを早くしたい方が摂取されることもあるようです。

もちろん日々の健康維持のために摂取していただいてもかまいません。
忘れられがちなシリカですが、重要なミネラル成分のひとつですのでご自分の健康管理について考えられるさいに、ご参考にしていただければと思います。

水溶性珪素

冒頭で、ケイ素は鉱物などに含まれていると説明しましたが、鉱物の中でもケイ素を豊富に含んでいるのが水晶です。
その水晶からケイ素を独自の方法で抽出し、濃縮したものが「水溶性ケイ素」と呼ばれるものです。

とはいっても鉱物である水晶を細かく砕いたところで水晶が水に溶けるわけでもなく・・・この問題を解決したのが韓国の物理学者である申勇博士です。水晶石を溶解釜に入れ、1650度の高温で八時間以上焼き続けすると発生するガス化したケイ素成分を特殊な方法で回収し、不要な物質を燃焼させる、そうして作られたものが水溶性ケイ素なのです。

絶対に病気にならない健康生活

水溶性珪素

珪素(ケイソ)とは?

日本ではまだ馴染みの薄い成分ですが、本来人間の身体に存在している微量ミネラルで、体の臓器や器官に必要な約60種類の必須栄養素の1つです。

体内には18g程度とかなり多い保有量が検出され、内臓や皮膚、骨格など身体全体に分布しています。珪素は加齢とともに貯蔵力が減少します。

あらゆる生物に必須の元素であり、人間が生きていくうえでも必要不可欠な成分ですが、体内で作り出すことが出来ないため外からの補給が必要となります。しかし通常の食事では十分な量を摂取することが難しいため、積極的に摂取する必要があります。

珪素が純粋な形で存在することは少なく、すぐに酸素と結びついて「珪酸」となります。珪素は、4000年前の昔から漢方などでも含まれています。

ケイ素の働きについて

宇宙で一番多い物質は水素であり、地球の空に一番多いのは酸素であり、地球の地殻に一番多い物質は珪素です。

珪素が一番多く含まれている鉱石は石英(水晶石)であり、純度の高いもので99.9%の珪素を含有しているものもあります。ラジウム鉱石や麦飯石、トルマリン、ブラックシリカ、医王石や北投石、また宇宙から来る隕石など大きな働きをすると言われる成分の95%以上に珪素が含まれており、その働きをつくる源は珪素とも言えるのではないでしょうか。

またノーベル賞受賞の野依良治博士は、水晶の螺旋構造は生命の誕生と進化をしていく場で、食物連鎖の上位である高等生物は自然にアミノ酸のL型を利用するうえに触媒的な働きをしたと述べられています。
私たち生物が地球上で誕生したなら、珪素は生物誕生と進化に大きな役割を果たしたのではないでしょうか。
珪素は私達人間や動植物にとって絶対に必要な栄養素であるとともに、工業・農業・水産・畜産・環境分野においても応用が進んでいます。

珪素摂取量と骨の強さについて

日本の飲み水にはミネラルが少なく、硬度が低い軟水です。そのため、日本人は昔からカルシウムを多く含む小魚や海藻を食べているのにも関わらず、骨粗しょう症になってしまうと考えられています。

珪素は人体の骨格形成に必要不可欠と言われています。

米英共同の『フラミンガム研究』で、珪素摂取量と骨の強さ(骨密度:BMD)に密接な関係があると報告されました。男性や閉経前の女性では、珪素摂取量が多いほど大腿骨部のBMDが高いことが明らかになりました。

 



神源しんげん(水溶性珪素)umo
珪素(けいそ)は、本来人間の身体に存在している微量ミネラルで、体の臓器や器官に必要な約60種類の必須栄養素の1つです。

umo水晶の力

珪素含有商品

スギナから抽出した植物ミネラル「べジ・シリカ」
若々しく、丈夫な骨!肌!髪に。骨折などの治療中のかたへ。お肌を柔らかくしたい方へ。丈夫で健康な髪・爪のために。

ウモプラス


この商品を見た/買ったお客様に人気のおすすめ商品
この商品を見た人は、
こんな商品も見ています
この商品を見た人は、
こんな商品を買っています
この商品を買った人は、
こんな商品も買っています
お客様の嗜好に合わせたランキング
同梱おすすめ商品ランキング
〜999円1,000〜1,999円2,000〜2,999円3,000〜3,999円4,000円〜
お買い上げ特典
5,000円特典10,000円特典20,000円特典30,000円特典50,000円特典
最近チェックした商品

 
Copyright © 2002-2016 kenkousupport senmonten. All Rights Reserved.